NO BORDER

ここは私、タカユキが気になったことを気になったときに書き込むブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 J1 第19節

20090725233657.jpg

最初に言っておく。
この試合は今日現在、今季のワーストゲームである(怒)

試合早々から攻めるレッズだが、ゴール前での動きがちぐはぐで、てんで
話にならない。

そんな中、一瞬のスキから攻められ、ゴール前での混戦から最後は玉田
決められ先制点を許す。

その後も歯車のかみ合わないレッズ

流れを変える為なのか(高橋)峻希に代えケガから復帰の(山田)直輝を投入。

個人的にはこの交代には疑問だった。

ただでさえバランスの悪い時間帯なのに、直樹が必要以上に周りのケアで
動き回って負担がかかるんじゃないかって思ったからだ。

後半も同じような展開で進む。

決め切れないうちにまた玉田に決められ2点差。

さらに新加入のケネディにこれでもかって言うくらいの高い打点のヘッド
を決められ3点差。

一方レッズはというとさらにバランスを崩して攻撃の形すら作れない。

そしてタイムアップ…。

完敗という言葉がこれほど似合う試合もないだろ…。

ってかピッチに立っている連中に「覚悟」が足りないんだよっ!

シッカリしろよっ!

Jリーグ第19節vs名古屋グランパス
2009年7月25日(土)19:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-3名古屋グランパス
得点者:14分・61分玉田(名古屋)、72分ケネディ(名古屋
GK 1山岸
DF 6山田、2坪井、22阿部、33高橋(33分 34山田)
MF 3細貝、13啓太、10ポンテ(73分 27西澤)、24原口
FW 19高原(68分 15エスクデロ)、17エジミウソン
入場者数:44,976人
埼スタ


スポンサーサイト

≪ 浴衣の女(ひと)ホーム野田、ファジアーノへレンタル移籍 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

タカユキ

Author:タカユキ
1973年4月12日生まれ
埼玉出身 埼玉育ち

さすらいペット

FC2カウンター

FC2カウンター 現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。