NO BORDER

ここは私、タカユキが気になったことを気になったときに書き込むブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権 決勝

ユース世代日本一を決めるこの大会の決勝。
我らがレッズユースグランパスU18の対戦となった。

前半開始早々、(山田)直輝のゴールで先制をすると、今度は流れるような
パス回しから最後は相手オゥンゴールで2点目!
さらに(原口)元気のミドルシュートが決まり3点目!

それにしてもユースの子たちは「前へ、前へ」という気持ちが強いなぁ。
これも監督の堀さんの指導の賜物なのかな?

トップチームも見習ってほしいものがある。
最近のトップチームには足りない気がするから。

その後、グランパスが1点返すも、直ぐさま得たFKのチャンスで田仲が直接
決めて突き放す!

さらに阪野が決め前半だけで5ゴール!

圧倒的な力で後半に折り返す。

後半も元気の突破から最後は(高橋)峻希が決め6点目!

さらに直輝のラストパスをまたもや峻希が決め7点目!

そして元気が突破してのシュート。一度は止められるも再び元気が奪って
直輝にラストパス。そのパスを決め8点目!

攻撃力ばかりが目立つが守備力も高い。
高い位置で守備をしているし、最終ラインもGK柴田中心に守り切ってる。

最後はロスタイム、流れの中から直輝ハットトリックを決め9点目!

そしてタイムアップ!
圧倒的な力でレッズユースが初優勝を決めた!

やっぱりレッズはどんな年代だろうが大会だろうが優勝しないといけない
んだという事をつくづくと感じた。

トップチームも負けるなよ!

[レッズユース、高円宮杯、決勝]
2008年10月13日(月・祝)13時キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズユース9-1名古屋グランパスU18
得点者:4・76・89分山田直輝、16分オウンゴール、23分原口元気、39分奥村情(名古屋)、43分田仲智紀、44分阪野豊史、51・70分高橋峻希
GK柴田大地
DF山地翔(64分池西希)、菅井順平、濱田水輝、永田拓也、岡本拓也
MF高橋峻希、山田直輝、田仲智紀
FW阪野豊史(72分石沢哲也)、原口元気
入場者数:15,382人
埼スタ

スポンサーサイト

≪ 鉄道博物館開館1周年ホーム峰岸徹氏 死去 ≫

Comment

おめでとうございます

トップチームには言えない言葉ですが,
ユースになら素直に、おめでとう!!
それにしても凄い点数ですね。

ありがとうございます!

あぴょんさま
コメントありがとうございます!

強いですねぇ~♪
この勢いをトップチームも受け継いでほしいです。

ちなみに直輝も峻希も元気もACLの登録メンバーです。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

タカユキ

Author:タカユキ
1973年4月12日生まれ
埼玉出身 埼玉育ち

さすらいペット

FC2カウンター

FC2カウンター 現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。