NO BORDER

ここは私、タカユキが気になったことを気になったときに書き込むブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪(星野ジャパン) 日本 対 韓国

序盤は投手戦だった。

そんな拮抗した試合の均衡を破ったのは主砲の一発だった。

6回裏、ランナーを一人置いたところで新井のホームランが飛び出す。

2点を先制した日本だったが、7回表に和田が2ランホームランを打たれて
同点に。

更には9回表、不運なヒットやエラーが重なり3点を奪われる。

日本も9回裏、新井の3ベースをきっかけに1点を返すも後続が続かない。

そしてゲームセット。
痛い敗戦を喫する。

これで2敗目。
決勝トーナメントに進出するためにはもう負けられない。

とりあえず明日の休息日に気持ちを切り換えて残りの試合に臨んでいって
ほしい。


韓国=5
000000203
日本=3
000002001
◆投手
【韓】キム・グァンヒョン ○ユン・ソクミン(1勝0敗)ハン・キジュ クォン・ヒョク チョン・デヒョン 
【日】和田 川上 ●岩瀬(0勝1敗)
◆本塁打
新井1号(神) イ・デホ1号(韓)
◆盗塁
キム・ヒョンス(韓)イ・ジョンウク(韓)


スポンサーサイト

≪ ボルト選手、余裕の世界新ホーム2008 J1 第21節 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

タカユキ

Author:タカユキ
1973年4月12日生まれ
埼玉出身 埼玉育ち

さすらいペット

FC2カウンター

FC2カウンター 現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。