NO BORDER

ここは私、タカユキが気になったことを気になったときに書き込むブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア最終予選 オーストラリア-日本

むむむむむ…。

勝てないもんかね…。

前半に闘莉王のゴールで先制したものの…。

ドイツでもやられたケーヒルに2ゴールを取られ逆転負け…。

メンバーが揃わないとか言い訳とか聞きたくない…。

この1年で(世界と)闘えるチームにしてほしいものだ…。

続きを読む ≫

スポンサーサイト

アジア最終予選 日本-カタール

W杯の出場も決まったし、ハセ(長谷部)も(山田)直輝もいない。

関心事は阿部ちゃんと闘莉王が怪我しないことだけだった。

だってカタールは勝たないとW杯の望み無くなるからね。
危険なプレーもしてきそうだし…。

前半開始早々、(中村)俊輔から右サイドの内田へ。
サイドを駆け上がった内田がクロス。
そのボールが相手オウンゴールを生み日本先制。

その後は淡々と試合が進む。

後半開始早々、中澤がペナルティエリアで相手選手を倒す。
そこで取られたPKをきっちり決められ同点。

阿部ちゃんが本田と交代した為、心配のタネが一つ消える(笑)

闘莉王は相変わらずパワープレイで上がっていく…。
心配だ…(爆)

そして試合終了。

なんか消化不良だなぁ…。

オーストラリア戦大丈夫か?

続きを読む ≫

アジア最終予選 ウズベキスタン-日本

ホームで勝つことのできなかったウズベキスタンとのアウェーでの対戦。
厳しい戦いになるのは想像できた。

試合は前半開始早々に(中村)憲剛のパスを岡崎がシュート。
GKに弾かれるも岡崎が体ごと飛び込み日本先制。

勝たなくてはW杯出場の道が閉ざされるウズベキスタン。
強引かつ卑怯なプレーで攻め込んでくるようになる。

対する日本は先制ゴールの後は守備の時間が長くなっていった。

後半も攻めるウズベキスタン、守る日本の展開で進んでいく。

それにしてもアウェーの洗礼と言うべきか、レフリーのジャッジが完全に
ホームのウズベキスタン寄りだった。

同じようなプレーでも日本には(イエロー)カードが出るのにもかかわらず
ウズベキスタンには出ない。

挙句の果てにはハセ(長谷部)に一発退場の判定を下し(ファウルしてから時間
かかってたじゃん(怒))、さらに選手に指示を出していた岡田監督に対して
抗議をしていると勘違いし退席処分。

ここまで難しい試合になるとは…(苦笑)

それでも(楢崎)正剛を中心に守り抜く日本。

そして、ついにタイムアップ!
4大会連続4回目のW杯出場を決めた!

でもここがスタートライン。
本大会に向けドンドン成長していってほしい。

続きを読む ≫

アジア最終予選 日本-バーレーン

前半から攻めに攻めた日本。

けど、バーレーンの守備が堅いのか攻め倦んでる感が否めない。

こういう試合はえてして1点勝負になるもんだ。

そんな試合を左右する点が入ったのは後半開始早々だった。

(中村)俊輔のFKが決まり日本先制!

その後はあせるバーレーンを尻目に落ち着いて守った日本。

タイムアップ。

最終予選ホーム初勝利!

そして貴重な勝ち点3を得た!

6月の3試合は厳しいものになると思うが気を引き締めてほしい。

…今日出てない(都築)龍太と阿部ちゃんは明日(F・マリノス戦)出るの?

続きを読む ≫

アジア最終予選 日本-オーストラリア

いろんな意味で勝たないといけない試合だったね。

前半、(田中)達也も玉田も動き回ってた印象だった。

けどなんか攻め切れない。
中盤が消える場面が多かったように思えたのもその為か?

それにしてもオーストラリア、ファウル多いね~。
それがピムがやりたいサッカーなのかな?
松井をサンガ時代腐らせただけはある。

次第に試合全体が落ち着いてしまってお互い得点のニオイが薄くなった。
そして、少しの見せ場と悲愴感を残して試合終了。

最終予選の半分を終えて2位。
形上は優位に見えるが、危険だよね~。
とにかく残りの4試合、(W杯に)出たいという気持ちの強い国が勝つと思う。
その気持ちで負けるなよ!


続きを読む ≫

アジア最終予選 カタール-日本

ドーハ…。

あの93年のアメリカW杯最終予選のイメージが強い…。

スタジアムの雰囲気も民族衣装の人たちばかりでなんか異様な感じ…。

試合はホームのカタールが南米帰化選手を中心とした個人技で襲いかかる
という展開が続く。

そんな中、先制したのは日本だった。

内田がハーフライン付近からあげたボールに(田中)達也が反応。
ゴール左に蹴り込み貴重な先制点を奪う。

それにしても達也に対して執拗なプレーが続くなぁ。
(でも達也だけじゃないか…)

日本は先制点を奪ったことによってだんだんリズムに乗ってきた。

お互いにチャンスを迎えるも、その後決めきれず前半を終える。

後半、開始早々に玉田のゴールで2点目。
スコア上では優位に立つ。

さらにコーナーから最後は闘莉王がヘッドで押し込み3点目。

カタール人もあきらめたのか、スタジアムを後にする姿がちらほら見受け
られるようになってきた。

カタールの選手もイライラしてきてるね。
日本に対するファウルが増えてきてるし。
イエローカード出され過ぎ。

そしてタイアップ。

因縁の地、ドーハで完勝する事ができた。

年内の予選はこれで終りだが、残り5試合をいい形で勝ち進んでほしい。

続きを読む ≫

アジア最終予選 日本-ウズベキスタン

ホント悪すぎ!

みんな満身創痍でコンディションのいい選手いたかなぁ~って感じ。

闘莉王も阿部ちゃんも休ませてあげようよ。
2人とも壊れちゃうよ。

試合は前半半ばにあっけなく先制点を奪われる。

すぐさま(中村)俊輔から(大久保)嘉人に繋ぎゴール前へ。
ゴール前で中に蹴り込み最後は玉田が決め同点。

そのまま前半終了。
これでいいのか日本代表?

後半もこれといった見せ場もなく試合終了。

ホントにいいのか日本代表?

いっそのことどん底まで落ちればいいのに。

なーんて思うくらい未来が見えない。

どん底を見た男たちは強いぜ…。

続きを読む ≫

アジア最終予選 バーレーン-日本

W杯に向けた最終予選。
その初戦はかなり重要である。

開始早々に(中村)俊輔がFKから直接決め日本先制。

前半終了間際に遠藤がPKを決め2点差にしてハーフタイムに入る。

後半は形を作るも、なかなか点が入らない。

そんな中、途中出場の(中村)憲剛がミドルを決め3点差。

日本の勝利は確実なものになった。ように思えた…。

しかし、一瞬のスキをつかれ1点を返される。

さらに闘莉王のバックパスがオゥンゴールになり1点差に。

ここにきて疲れが出たのかな?

最後は守りきってタイムアップ。
貴重な勝ち点3を得た。

勝つには勝ったが課題もたくさん見えてきた試合だったんじゃないかな?

次のホームでの第2戦、ウズベキスタン戦では確実に勝っていかないと。

それにしても眠い…。


続きを読む ≫

アジア最終予選グループ分け決定

W杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会が今日行われ
グループ分けが決定した。

またバーレーンとかよ(爆)

オーストラリアもいるし厳しい戦いになるなぁ。
でもプレーオフでなくて2位以内に入ってW杯に行って
ほしい。


続きを読む ≫

アジア3次予選 日本-バーレーン

開始早々の(中村)俊輔がPK止められた時、この試合ダメかなって思った。

実際、ボールを持ってる時間は長いけど攻めきれなかったしね。

後半はバーレーンのラフプレーが目立った。
バーレーンも必死なんだろう。

しかし、勝負の行方は思わぬ形で決着がついた。

終了間際、ゴール前へ内田がヘッドでボールを上げる。
そのボールが巻と相手GKの間に落ち、ワンバウンドでそのままゴールに。

結局この内田の代表初ゴールが決勝点になり日本が勝利。
トップで3次予選を勝ち抜いた。

最終予選は27日に対戦国が決まるがどこも強い。
でもここを乗り越えないと南アフリカには行けない。
とにかく最終予選もガンバレ!

続きを読む ≫

ホーム

HomeNext ≫

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

タカユキ

Author:タカユキ
1973年4月12日生まれ
埼玉出身 埼玉育ち

さすらいペット

FC2カウンター

FC2カウンター 現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。